トップ > 開発支援ネットワーク > 開発支援ネットワークの狙い

開発支援ネットワークの狙い

医療機器開発支援ネットワークとは?

支援のポイント

  • 1ワンストップ窓口を設置。
  • 2「ホームドクター」として地域支援機関が相談に対応。
  • 3地域支援機関だけでは対応が難しい案件は、専門家による「伴走コンサル」を実施。
  • 4相談内容・履歴は「カルテ」に集約してフィードバック。

どのような内容の相談ができるのか?

これまでにネットワーク窓口に寄せられた典型的な相談内容・支援の例をこちらに掲載しています。

医療機器開発支援ネットワークを利用するには?

ネットワーク窓口での相談の流れはこちらをご参照ください。相談をお申し込まれる際、ネットワーク窓口(株式会社三菱総合研究所)と相談事業者様とで機密保持契約を締結させていただきます。相談の過程で使用する様式等のイメージは以下に掲載しております(赤字は記入例)。

医療機器開発支援ネットワークについてもっと知るには?

ネットワークについて更なる情報を必要とされる方は以下の資料もご覧ください。