ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 胆道閉塞治療における患者負担を軽減したい
現状の課題 原発性胆管癌や肝臓癌、胆管癌、膵癌、胆嚢癌、肝癌・胃癌・大腸癌などの転移により胆道が閉塞されると、胆汁排泄ができず、「黄疸」が引き起こされる。胆道閉塞に対する胆管ステントは、内視鏡的治療が主流となっている。内視鏡の細径化技術により患者負担は軽減可能だが、使用するカバー付きステントのデリバリーシステムの細径化が困難であるため内視鏡自体の細径化を妨げている。
現場のニーズ 細い(9.5Fr以下の)内視鏡デリバリーシステムがほしい
【機器の条件】
-X線透視下での視認性があること
-屈曲蛇行胆管でも使用可能な安定した固定と拡張力保持が可能であること
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 消化器外科・消化器内科
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2016-08-29 ~ 2017-10-29

ニーズの提供者に連絡する機能を利用するためにはユーザ登録が必要です。

トップページへ
MEDIC医工連携開発支援ネットワーク ポータルサイトはこちら