ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 非侵襲的に冠動脈の狭窄を評価できるデバイスがほしい
現状の課題 冠動脈の狭窄の程度を精査する方法として、CT検査やカテーテル検査が実施されている。前者は放射線被爆や造影剤の使用による副作用のリスクがある。後者は入院が必要であり、また侵襲的検査であるため合併症のリスクがある。
現場のニーズ 以下の条件を満たすような、冠動脈の狭窄の程度を評価できるデバイスがほしい。
・患者への負担がかからない(非侵襲、放射線被爆リスクや造影剤使用による副作用がない)
・入院を必要としない
なお、既存の検査法と同等もしくはそれ以上に高精度に冠動脈の狭窄の程度を評価できるとよい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2017-12-25 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ