ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 急速輸血における安全温度域を保ち、かつ感染対策やコストに配慮した赤血球加温装置がほしい
現状の課題 輸血製剤のうち赤血球濃厚液(RCC-LR)の保存にあたっては、溶血防止などの観点から2~6℃が至適とされている。外傷などで急速かつ大量の輸血を必要とする場合、輸血後の低体温と凝固障害が問題となっている。身体外部からの加温では十分に対応できない現状にあり、輸血製剤自体が適切な温度まで加温されていることは重要である。
しかし、100mL/分を越えた速度においても適切な温度に加温できる性能の専用加温装置及び消耗品は、既存品では著しく高価であることから、当該機器を稀な機会にしか使用しない医療提供施設では導入が困難な状況にある。なお、湯水を用いるものは感染のリスクが懸念される。
現場のニーズ 100mL/分を越えるような急速輸血でも、適切な温度に製剤を加温できる安価な専用装置がほしい。専用の使い捨て消耗品は不要か安価であることが望ましい。感染リスクの考慮から水を使用しないものが好ましい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 救急科、麻酔科、外科、検査科、臨床工学科
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2018-09-18 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ