ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 疾病・状態の撮影漏れを防ぐ大腸カプセル内視鏡
現状の課題 現状の大腸カプセル内視鏡は腸管内の移動を腸管蠕動に委ねており、また大腸は管腔が広いために、腸壁との距離や死角の問題があり、腫瘍・ポリープ・腸炎などの器質的疾患について見落とし(撮影漏れ)が生じている。
現場のニーズ 腸管内を進む際にカプセルの方向によらず見落としなく撮影できるような大腸カプセル内視鏡が欲しい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 消化器内科
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2018-02-19 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ