ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 胸腔鏡手術において肺瘻部位を同定したい
現状の課題 胸腔鏡下肺切除後に、術中に温存された肺から空気漏れ(肺瘻)がないか、確認する必要がある。肺瘻部位を同定するには、胸腔内を水で満たした後に肺を膨張させて気泡が出ている位置を確認する水封試験(空気漏れ試験)を行なう。胸腔鏡下手術の場合、水封試験の際に肺が膨張し過ぎると視野が狭くなり、気泡を確認しにくくなる。
現場のニーズ 上記課題を解決し、胸腔鏡下において肺瘻部位を同定できるようにしたい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 呼吸器外科
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2018-02-19 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ