ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 侵襲性が低く合併症が起こらない補助心臓装置がほしい
現状の課題 従来の心不全に対するペースメーカーや人工補助心臓は、心腔内から人工ポンプに血液を送り込み、それを大動脈内に戻し、体循環を維持するシステムであるが、侵襲度が極めて高く、また、血栓形成による全身性塞栓症、抗凝固剤による出血性合併症が問題である。これらの問題を解決する、新たな補助心臓装置が必要である。
現場のニーズ 侵襲性が低く合併症が起こらない心臓外部加圧型の補助心臓装置がほしい
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2017-02-22 ~ 2018-02-22

ニーズの提供者に連絡する機能を利用するためにはユーザ登録が必要です。

トップページへ
MEDIC医工連携開発支援ネットワーク ポータルサイトはこちら