ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ せん妄の「促進因子(誘発因子)」に非薬物的及び非侵襲的に対応するデバイスがほしい
現状の課題 せん妄は急性の脳機能障害であり、軽度から中等度の意識障害に、特徴的な幻覚、錯覚、不安、興奮、失見当識などが時間帯により出現・消失する。
病態生理について一説を取り上げると、加齢、器質性脳疾患の既往などの「準備因子」、環境の変化やストレスなどの「促進因子(誘発因子)」を背景に、中枢神経系に影響を与える全身性疾患や薬物作用などの「器質的要因(直接因子)」が引き金を引いて発現する機序が考えられている。
このうち「促進因子(誘発因子)」について、予防及び治療の各段階において、現況講じられている環境調整などの非薬物的な介入は、十分な効果がみられないことが多い。
一方、薬物的な介入は適応が難しいことも多い。
現場のニーズ 「促進因子(誘発因子)」に非薬物的及び非侵襲的に対応するデバイスがほしい
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 老年病科、外科、内科
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2018-09-18 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ