ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ シャフトの動きが制限されない腸管自動吻合器
現状の課題 腹腔鏡下胃全摘術での食道空腸器械吻合、腹腔鏡下でのS状結腸切除、直腸切除では消化管器械吻合(DST法による吻合が多い)を用いるが、小切開創や肛門から挿入されたシャフトの向きが制限され、アンビルとの向きを合わせて合体させる作業がやりにくいことがしばしばある。シャフトの先端を腸管に貫通させた部分が裂けてきたりすることもあり吻合に危険を伴う事がある。
現場のニーズ サーキュラーステープラーで腸管吻合する際に用いる吻合器のシャフト部分の角度に自由度がほしい(手術がやりやすくなり安全性が高まる)。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 消化器外科、外科
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2018-04-23 ~ 2019-04-23

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ