ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ カテーテル室や手術室で使用するバイタルモニターのごちゃごちゃしたケーブル配線を何とかしたい
現状の課題 カテーテル室や手術室には多くのバイタルモニター装置がある。それらの装置も数年経つと機械の更新が必要となるが。装置の入替のたびに、“ケーブル配線"を行う必要が生じるが、装置の数や種類が多すぎて作業が煩雑化してしまっている。特にカテーテル寝台は処置時頻繁に動かすので、寝台のレール下に配線しているケーブルが寝台に引っ掛かった状態で寝台操作を行うと断線や故障の原因となる。機械台のタイヤなどでケーブルを踏んでしまいダメージを与えてしまうこともある。当院での例ではあるが、心臓カテーテル室の使用頻度は年間1500例程度となっている。
現場のニーズ カテーテル室や手術室に設置しているバイタルモニター装置の入替時のケーブル配線作業を効率化するため、ならびにそれらモニター装置のコードの断線や断線に伴う故障を防止するために、バイタルモニターのケーブル配線をすっきりさせたい。
本ニーズに関連する既製品 なし
既製品では対応困難な理由 市販品はないので自作したものを使用している。
関連する診療科等 バイタルモニターを使用して手術を行う全ての診療科。特にカテーテル室での処置・手術。
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2019-01-18 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ