ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 汎用輸液ポンプの落下・衝撃履歴を知りたい
現状の課題 輸液ポンプ、シリンジポンプは薬剤を投与する精密医療機器である。落下・衝撃を与えた場合には使用の中止をし、点検をするように添付文書には書かれている。
落下衝撃を与えたことが判明している機器に関しては、院内にて定期点検の項目レベル、あるいはメーカー点検を発注し、より精密な点検を行う。
しかしながら、現場からポンプが中央管理部門に戻ってきてポンプに傷があったとしても、強い衝撃が加わったのかはすぐにはわからない。現場も必ずしも正直に話してくれるわけではない。外装点検では強い衝撃を受けたかどうかわからないことがある。落下衝撃をさせた旨の伝票が無ければ、日常的な点検(使用後点検)を実施したのち現場へ払い出すことになる。
現場のニーズ 輸液ポンプやシリンジポンプに対して衝撃が加わった場合に必ず点検して安全性を担保できるように、機器が落下したり強い衝撃を受けたことがわかるようにしたい。
本ニーズに関連する既製品 当院は輸液ポンプはトップ製、シリンジポンプはテルモ製。
テルモ製品は、ポンプをPCにつなぎ、落下衝撃ログを確認することは出来る。ただ使用毎にこの作業をするのはマンパワー的に無理であり、不具合事象が起きたときに行っている。輸液ポンプ(トップ製)に関してはログもとれない。
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2019-01-18 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ