ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 乳腺腫瘍のエコー下穿刺細胞診・組織診時に伴う穿刺を確実かつ簡便に行いたい
現状の課題 乳腺腫瘍の細胞診・組織診を行う際、目的部位に安全にアプローチするために超音波ガイド下にて穿刺をするが、手で触れたり,超音波で病変を確認しながら穿刺部位を同定するのは手間や時間がかかってしまう割には正確に標本が採取できないことがある。
現場のニーズ エコーガイド下穿刺を簡便に行いつつ、目的とする部位での標本採取を確実に行いたい。
本ニーズに関連する既製品 エコープローブにアタッチメントを取り付けるものがあるが、面倒でほとんど使用しない。
既製品では対応困難な理由 取付が面倒。エコー本体の画面との調節に時間がかかる。
関連する診療科等 乳腺外科
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2019-01-18 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ