ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 鏡視下手術にて、繊細な剥離操作と周辺組織への熱損傷を低減させた凝固切開を1本のデバイスで完了したい
現状の課題 現在のエネルギーデバイスでは、剥離鉗子の先端部のみならず鉗子部分全体に通電するため周辺組織への熱損傷という点で安全面での懸念がある。また剥離鉗子の段差により、外側の形状が組織に引っかかることがあり、やはり安全性の向上が望まれる。
現場のニーズ 繊細な剥離を可能にする剥離鉗子としての役割と、凝固の操作を行うエネルギーデバイスとしての役割を有し、特に凝固の機能については鉗子の余計な部分への通電をなくして周辺組織への熱損傷を低減できるようなデバイスがほしい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 消化器外科、呼吸器外科、産婦人科、泌尿器科、小児外科等
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2019-01-18 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ