ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 胃部X線検査でバリウムを粘膜全体に付着させる手間と時間を省きたい
現状の課題 胃のバリウム検査は、胃内にバリウムと空気を注入した後、複雑な体位変換を繰り返し胃内を撮像する。検診でも多用されている検査である一方、術者のスキルで著しく画像の優劣差が生じている。また被検者の負担も大きい検査で高齢者などは施行できない場合もある。検査結果に重要な要因の一つにバリウムを均等にまんべんなく胃壁の粘膜全体に行きわたらせることが上げられるが、実施するには術者のスキルだけでなく、被験者の頻回の体位変換が必要とされ手間と時間を要している。
現場のニーズ 属人的要素に頼ることなくバリウムを胃粘膜全体に短時間でまんべんなく付着させることで、胃のX線検査を手間なく実施したい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 消化器内科、検診クリニック
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2019-01-18 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ