ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 大腸内視鏡検査をどんな患者に対しても苦痛がなく、容易に行いたい
現状の課題 通常の大腸内視鏡検査では、大腸の状態や周囲臓器との癒着のため、挿入に困難や苦痛を伴うことがある。術者の経験やスキルによっては検査時間を要したり、処置が簡単にできないことがある。
現場のニーズ 腸管の走行に逆らうことなくスコープが通過できれば苦痛も少なく、挿入時にも観察可能であり時間短縮になる。術者のスキルに依存せず、高度癒着症例や挿入困難患者であっても患者に苦痛なく大腸内視鏡の挿入をできるようにしたい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 消化器内科
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2019-04-12 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ