ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 安静臥床中の患者さんの筋力低下を防ぎたい
現状の課題 理学療法士や低周波治療器等の不足により、患者一人一人に対して外傷後の安静期間中に十分な筋力・可動域訓練が施行できていない。特に高齢で認知症がある患者では指示に従った動作ができず、機器を継続して装着することができない。安静期間中に十分な筋力・可動域訓練が行えないことにより、回復に時間がかかってしまっている。
現場のニーズ 理学療法士の人数が限られた条件下でも十分な筋力・可動域訓練を実施して、安静臥床中に患者の筋力低下を防ぎたい。
本ニーズに関連する既製品 G-TES
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2019-04-12 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ