ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 在宅高齢者の認知症への罹患を早期に発見したい
現状の課題 寿命が延びることで認知症になる高齢者が増加している。高齢者の4人に1人は軽度認知障害(MCI)もしくは認知症であるといわれている。特に在宅高齢者の場合、治療への行動を起こすタイミングが分からないことで症状が進行して認知症に罹患してしまう。病状の進行状況が潜在化してしまっている。
現場のニーズ 在宅高齢者の認知症予防のために、軽度である早い段階から症状を摑み取れて早めに治療への行動を促すデバイスが望まれる。更に、認知症や健康維持に関心を持っていない人に対しても、健康づくりや健康維持へ興味をもってもらえるような情報を提供できると尚良い。
本ニーズに関連する既製品 ありません。
既製品では対応困難な理由 上に同じです。
関連する診療科等 内科,精神科,耳鼻いんこう科,リハビリテーション科,看護部,介護部門,健康診断,健診クリニック,栄養科,かかりつけ医,総合診療科,高齢者施設等,在宅医療,歯科
想定される利用シーン 在宅・遠隔
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2020-07-07 ~ 2021-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

このページの先頭へ戻る