ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ イレウス管挿入を容易にできる機器がほしい
現状の課題 従来盲目的手法による挿入では患者に与える苦痛が大きく、そのことにより施行医に多大なストレスがかかる。日中は検査技師や看護師との調整がつくためX線透視下での手技もマンパワー的に可能ではあるが被爆の問題がある。内視鏡を用いると一番困難なp-ringを通過することが従来の手法に比べ安易になる。一方で夜間緊急で行うには、スタッフの呼び出し、試行中の救急外来の対応、ひいては人件費を考慮することとなり、結果として当院では従来方式が選ばれている。これだけ医学が進歩してるなら、画期的な挿入法が開発されることを望む。可能であれば咽頭痛や鼻の褥瘡等、挿入後の苦痛も減らしたい。
現場のニーズ 医療者側の放射線被ばく量を抑えつつ、従来の方法よりも容易にイレウス管挿入ができる機器がほしい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 消化器外科,外科
想定される利用シーン その他
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2020-07-07 ~ 2021-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

このページの先頭へ戻る