ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 開腹術において腹腔鏡を使用することがあり、安価で簡便な腹腔鏡固定用器具が欲しい
現状の課題 開腹術において腹腔鏡を使用したい状況があるが手術台に固定する装置が高価である。器具としては簡便なものでよく、腹腔鏡のポート(または同様のチューブ型のもの)を把持してくれればそれでよい。現状は適当な把持器具がないため、腹腔鏡を固定するのが難しい。開腹術において腹腔鏡を併用したい症例としては、開腹しても狭くて見えづらい部位や大切開しても見えづらい部位に対して手術補助具として使用したい。また、通常の拡大鏡では見えないような、低位前方切除の肛門近傍まで剥離する状況、小さい切開創でE-Cジャンクションを剥離する状況なども対象になると考える。
現場のニーズ 開腹術において腹腔鏡を使用する際に、腹腔鏡を固定できる安価で簡便な腹腔鏡固定用器具が欲しい。
本ニーズに関連する既製品 単体でのカメラ把持器機。しかし、極めて高価である。
既製品では対応困難な理由 高価すぎる。
関連する診療科等 外科,消化器外科
想定される利用シーン 手術室周り
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2020-07-07 ~ 2021-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

このページの先頭へ戻る