ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 非侵襲的陽圧換気(NPPV)や酸素療法時に使用するマスクからの飛沫感染リスクを低減したい
現状の課題 COVID-19感染者に対し挿管管理においては呼気フィルター等で飛沫管理を行う。一方、NPPVマスクや各種酸素マスクにおいては、マスクの呼気排気孔や、マスクと顔の隙間から患者の呼気が大気中にリークする。新型インフルエンザ患者のNPPVマスク使用時も、呼気中の飛沫が2m範囲で飛散するため注意喚起がなされた経緯がある。そのような状況において現状、医療従事者が防護服にて感染対策を行うことに留まっており、NPPVや酸素療法に使用されるマスクそのものからの飛沫管理ができるデバイスが見当たらない。なお、飛沫管理を必要とする酸素療法用マスクとしては、各種酸素マスクの他、リザーバー付きマスクが対象と考えている。
現場のニーズ NPPVや酸素療法時に使用される各種マスクからリークする呼気からの飛沫感染予防を管理できるデバイスがほしい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由 既製品がない。
関連する診療科等 ICU,病棟,全ての診療科
想定される利用シーン 病室周り,手術室周り,その他
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2020-10-08 ~ 2021-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

このページの先頭へ戻る