ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 術中ナビゲーションシステムの患者レジストレーションを正確かつ安全に行いたい
現状の課題 術中ナビゲーションシステムを用いた手術では、術直前に事前撮影したCT画像と患者患部との位置合わせを行い、患者レジストレーションを作成する。レジストレーションの作成においては専用デバイスを使用し、患者患部付近にて各種疑似ポイント(基準)を取る作業を行う。当該作業を行う専用デバイスの多くはペン状のものであり、施術者はこれを用いて患部周囲を撫でるようにポイントを取得していく。しかし、この際、施行者が専用デバイスの操作上、皮膚などへの押し付けが強い場合、患部の皮膚が陥没する事で微細な誤差が発生する要因となる。また、レジストレーション中に専用デバイスが患部接触面から浮いてしまった場合なども術中に使用する各種画像と術前に取得したポイントとの誤差の原因となり、患者への治療の安全性に影響が生じる場合がある。
現場のニーズ レジストレーション手技をデバイス側で制御・統一することにより、レジストレーション作成実施者個々人の力加減、細かい手順の違いやクセ等により生じる測定誤差の低減を期待できる。この際、物理的な力が患者体表にかからない方法で行えると、誤差を更に低減できるのではないかと考える。レジストレーション手技を誰が行っても簡便に行うことができ、かつ計測誤差を低減できるデバイスがほしい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 全ての診療科
想定される利用シーン 手術室周り
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2021-04-20 ~ 2022-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

このページの先頭へ戻る