ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ リード線のない心電図計測装置がほしい
現状の課題 急性期病院では重症患者の入院および救急搬送される場合が多い。その際に心電図電極を装着するが、リード線が治療手技に邪魔になることがある。またリード線を患者が引っ張ったり、引っ掛けることで断線することもしばしばある。

一方で、リード線を含めルート類が多いと患者のせん妄リスクが高まるとの報告もあり、可能な限り、患者の活動を拘束するものを減らしていきたい。
現場のニーズ リードレスの電極が開発され、無線で心電図をモニターに送信することが出来れば、上記のような問題が解消され、患者の早期離床や早期退院によって、QOL向上や将来的な医療費削減につながる可能性がある。
関連する診療科等 重症患者を扱う全ての診療科
問い合わせ可否 対応できる
公開期間 2017-02-22 ~ 2018-01-23

ニーズの提供者に連絡する機能を利用するためにはユーザ登録が必要です。

トップページへ
MEDIC医工連携開発支援ネットワーク ポータルサイトはこちら