ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 針を刺さない血糖測定器がほしい
現状の課題 ・超高齢社会により近年糖尿病患者の高齢者や認知症、
 独居の糖尿病患者が増加している。
・血糖コントロールができないと退院が困難である。
・超高齢社会により自己血糖測定、インスリン管理が
 困難な人が増加している。
・高齢者の血糖測定時、血液を必要とするため簡易では
 ない。指導に時間がかかることもある。
・高齢、糖尿病合併症による視力障害、巧緻動作が困難
 な場合、測定が煩雑で時間を要する。また、測定器や
 手などいろんな部分に血液が付着している場合がある。
・手先を使用する趣味や職業の患者にとっては、
 何回も穿刺することで指先に痛みを伴うため辛い状況。
現場のニーズ ・誰でもまちがいなく、簡単に測定できる機器がほしい。
・患者さんの苦痛を最小限に向けて血糖測定器も改良され
 ているが、やはり穿刺回数や痛みなどから患者さんに
 とっては苦痛を伴う手技である。そのため痛みがなくて、
 高齢、小児でもすぐに測定できる機器が理想。
関連する診療科等 糖尿病科、内科、総合診療科など
問い合わせ可否 対応できる
公開期間 2017-02-22 ~ 2018-01-23

ニーズの提供者に連絡する機能を利用するためにはユーザ登録が必要です。

トップページへ
MEDIC医工連携開発支援ネットワーク ポータルサイトはこちら