ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 血管撮影における側面像を撮影する為の操作台がほしい
現状の課題 ・ 脊椎・脊髄血管障害の検査・治療では、血管撮影を行う。
・ 本検査では、非常に高い精度と繊細さが要求され、正面増、側面像を併せた考察が求められる。
・ 側面像撮影時は、上肢と体幹が重ならない様、上肢の位置を変更することが必要になるが、上肢を固定するのに難渋している。
現場のニーズ ・ 側面像の撮影時に上肢を固定できる操作台がほしい。
・ 操作台には、以下の項目が求められる。
  - 可動性に富む。
  - 末梢循環、関節に優しい体位を取れること。
  - 皮膚に優しい素材であること。
  - 既存の操作台や手術台と組み合わせ可能であること。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 脳神経外科、循環器内科
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2016-11-30 ~ 2017-11-30

ニーズの提供者に連絡する機能を利用するためにはユーザ登録が必要です。

トップページへ
MEDIC医工連携開発支援ネットワーク ポータルサイトはこちら