ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 低侵襲で行える精度の良い 癌のバイオマーカー検査がほしい
現状の課題 がんの診断方法として、癌マーカーの発現を検出方法として、免疫組織化学などがあるが、これらは病理検査用試薬であり、手術検体を利用するなど侵襲性の高い検査方法である。現在、血液検査によるがんの診断薬(CEAやCA19-9など)が広く臨床の場で利用しているが、感度・特異度の点で必ずしも満足なものではない。
同様に、抗がん剤の投与前に薬効や副作用を予測するためのマーカーの必要性が高まっているが有効な診断薬は少ない。
現場のニーズ 既存のバイオマーカーの精度を超えるがん検査を実施したい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 内科・外科
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2016-08-29 ~ 2017-08-29

ニーズの提供者に連絡する機能を利用するためにはユーザ登録が必要です。

トップページへ
MEDIC医工連携開発支援ネットワーク ポータルサイトはこちら