ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ 透析中に脳血流を評価できる安価なデバイスが欲しい
現状の課題 血液透析(HD)に伴う血圧低下(Intra-dialytic hypotension: IDH)や脳血流の低下は生命予後や脳血管障害と関連する。また、血液透析(HD)患者は血管性の認知症が多い特徴があり、この認知障害はHDに伴う脳血流の低下や慢性的な酸素飽和度の低下と関連することが示唆されている。一方、HD中の循環管理は間欠的な血圧測定によって行われており、脳血流低下を見逃している可能性やIDH発見が遅延している可能性が考えられる。
現在、脳血流評価のデバイスは存在するが、(1)センサが高価であること、(2)装置が大きいことが課題として挙げられる。
現場のニーズ 透析の治療現場で使用できる、小型でセンサが安価な脳血流評価デバイスがほしい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 腎臓内科,人工透析内科
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2017-09-25 ~ 2020-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ