ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ ゼリーを塗らなくても使える超音波プローブがほしい
現状の課題 超音波検査や超音波ガイド下での処置・治療の際、現状ではプローブをあてる部位にエコーゼリーを塗る必要があるが、エコーゼリーの使用には以下の課題がある。
・広範囲になるとゼリーを大量に使用することになるため拭き取りが大変である。
・肌が乾燥している患者には追加で大量に塗る必要がある。
・目や口の周辺に塗る場合には入ってしまう可能性があり衛生的にも問題がある。
・患者からはゼリーが冷たい、熱いといった不快感の訴えがある。
・検査後ゼリーを拭き取っても違和感(拭き取り不良感)が残るといた訴えがある。
・清潔時のエコー下の処置の際にも清潔ゼリーが必要になる。
また、ゲルパッドといったエコーゼリーの代替品もあるが、使用する場所によって大きさや形が異なるため、コストや手間がかかり、清潔エリアで使用(穿刺等)する際には邪魔になる。
現場のニーズ ゼリーを塗らなくても使える超音波プローブを開発してほしい。
本ニーズに関連する既製品
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等
問い合わせ可否 対応できる
一般公開期間 2017-12-25 ~ 2019-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

トップページへ