ニーズ詳細

ニーズの詳細

テーマ MRI検査時の監視モニター補助
現状の課題 MRI検査は、体動の影響を非常に受けやすい検査であり、患者は検査中は動かないようにする必要がある。撮影部位によるが、検査に30分位の時間を要する。患者には動かないよう検査前に事前に説明するが、それでも動いてしまう人がいたり、意思の疎通が行えないなどの場合、撮影室に設置している監視カメラで患者の状態(動き)を観察しながら検査を行う必要がある。しかし、心電図やSpO2、脈拍数などの生体情報も見る必要があるため、患者の動きの常時監視は難しい。
現場のニーズ 監視モニターを注視しなくても患者の動きに異変があった場合に気付けるような監視サポートシステムがほしい。
本ニーズに関連する既製品 Ⅹ線写真で富士フィルムが、胸部テンポラルサブトラクション処理というので2枚の画像から画像化している
既製品では対応困難な理由
関連する診療科等 放射線科
想定される利用シーン その他
問い合わせ可否 対応できない
一般公開期間 2017-11-06 ~ 2020-12-31

ニーズ詳細閲覧、ニーズ提供者へのお問い合わせには、ログインまたは新規ユーザー登録が必要です。

このページの先頭へ戻る