【管理番号03-119】皮膚再建に用いる乾燥同種培養表皮の開発・事業化

計画名

皮膚再建に用いる乾燥同種培養表皮の開発・事業化

申請区分: (G) 従来にはない革新的な治療や低侵襲治療の実現

事業概要

本研究では、皮膚再建を目的とした乾燥同種培養表皮の製品化を目指す。広範囲にわたる皮膚欠損創の治療では、速やかに創閉鎖して急性期の全身状態を安定させる必要があるが、既存の合成化合物の創傷被覆材の治療効果は限定的である。ヒト細胞からなる本品は生体親和性が高く、創に完全に密着して優れた創傷治癒促進効果を示す。皮膚の早期再建により、治療期間短縮、瘢痕拘縮抑制、さらには救命率の向上や医療費削減が期待できる。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

03-119_PR_202203.jpg

基本情報

製品名 未定 一般的名称 未定
クラス分類 クラスⅣ(未定) 許認可区分 承認
申請区分 新医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 製販業許可 取得予定

上市予定

国内市場 海外市場
薬事申請時期 非公開 非公開
上市時期 非公開 非公開

事業成果

令和3年度 令和4年度 令和5年度 令和6年度 令和7年度 令和8年度 事業化製品
成果報告 - - - - - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

03-119_consortium_202203.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関 分担機関
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 国立大学法人京都大学