【管理番号01-122】通信機能つき輸液ポンプを用いたがん薬物療法室向け業務支援システムの開発・事業化

計画名

通信機能つき輸液ポンプを用いたがん薬物療法室向け業務支援システムの開発・事業化

申請区分: 医療費削減効果

事業概要

外来がん薬物療法を受ける患者数、及びベッド数は年々増加している。その様な中で、看護師は少ない人数で多くの患者へ対応することが求められ、更には新たな薬剤の登場等により要求されるレベルも増加している。加えて紙媒体による業務運用や二重確認を中心とする医療安全の担保に依存をしており、看護師に対する負荷は大きい状況にある。本事業ではICTを活用しこれらの問題を解決することで、医療効率化や医療安全への貢献を目指す。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

01-122_plan.jpg

基本情報

製品名 未定 一般的名称
クラス分類 許認可区分
申請区分 非医療機器 承認・認証番号等
薬事申請予定者 製販業許可

上市予定

国内市場 海外市場
薬事申請時期
上市時期 2022年

事業成果

令和元年度 令和2年度 令和3年度 令和4年度 令和5年度 令和6年度 事業化製品
成果報告 - - - - - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

01-122_consortium.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関 分担機関
テルモ株式会社 国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院
ドゥウェル株式会社