【管理番号03-405】アルコール依存症治療用アプリに関する開発・事業化

計画名

アルコール依存症治療用アプリに関する開発・事業化

申請区分: (E)ソフトウェアを用いた診断・治療の実現(特に SaMD)

事業概要

アルコール依存症は受療者割合の低さが世界共通の問題になっており、日本の受療者割合はアルコール依存症推定患者数57万人のうち4万人に過ぎない。この治療ギャップ縮小策として治療用アプリを開発し、非専門医療機関での標準的かつ個別化されたアルコール依存症早期治療を可能にすることで、治療の質を保ちながら、医療従事者の関与を減らし、医療行為の時間短縮が実現でき、日本におけるアルコール依存症の受療者数を約20万人へ増加させることを目指す。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

03-405_PR_202203.jpg

基本情報

製品名 未定 一般的名称 未定
クラス分類 未定 許認可区分 承認
申請区分 新医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 株式会社CureApp 製販業許可 取得済み

上市予定

国内市場 海外市場
薬事申請時期 2024年
上市時期 2026年

事業成果

令和3年度 令和4年度 令和5年度 令和6年度 令和7年度 令和8年度 事業化製品
成果報告 - - - - - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

03-405_consortium_202203.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関 分担機関
株式会社CureApp 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター

地方独立行政法人岡山市総合医療センター岡山市立市民病院

特定非営利活動法人日本遠隔医療協会