【管理番号29-001】良性小腸狭窄を治療するための内視鏡下で留置可能な自己拡張型生分解性小腸用ステントの開発・海外展開

計画名

良性小腸狭窄を治療するための内視鏡下で留置可能な自己拡張型生分解性小腸用ステントの開発・海外展開

申請区分: 海外市場獲得

事業概要

難病であるクローン病による小腸狭窄には、内視鏡的バルーン拡張術や外科手術が行われるが、再狭窄の割合が高く、患者への負担も大きい。近年、低侵襲かつ再狭窄を起こしにくい治療法としてステントが注目されているが、内視鏡下で留置可能で生分解性を持つ自己拡張型の製品は存在しない。よって本事業では、これらの機能を持つ世界初の小腸用ステントを開発して海外展開し、将来的には他疾患の治療への適用も目指す。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

29-001_plan_1806.jpg

基本情報

製品名 未定 一般的名称 該当なし
クラス分類 クラスⅢ ※未確認 許認可区分 承認
申請区分 新医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 EAファーマ株式会社 製販業許可 取得済み

上市予定

国内市場 海外市場(具体的に:欧州、米、アジア)
薬事申請時期 非公開 非公開
上市時期 非公開 非公開

事業成果

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 事業化製品
- - - 成果報告 - - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

29-001_consortium_1806.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関 分担機関
EAファーマ株式会社 日本毛織株式会社
株式会社ゴーセン
日光精器株式会社
国立大学法人滋賀医科大学
公益財団法人滋賀県産業支援プラザ