【管理番号29-003】SPECT-CTフュージョンアプリケーションの開発・事業化

計画名

SPECT-CTフュージョンアプリケーションの開発・事業化

申請区分: 医療費削減効果

事業概要

機能情報を画像化した核医学画像は形態情報がなく確定診断は難しい。事前に撮ったCT画像を用いても時間のずれがある為確定診断は難しい。核医学とCT装置一体型装置は機能と形態画像を同時収集でき、追加検査なく確定診断可能になったが読影時間を要する。医師が確定診断・治療方針決定に必要な画像を簡単に提供することが求められており、医用画像診断装置上のソフトウェアでニーズに答え、日本から世界に発信していきたい。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

29-003_plan_1906.jpg

基本情報

製品名 e.Box-SPECT(予定: 仮名) 一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム(予定)
クラス分類 クラスⅡ(予定) 許認可区分 認証(予定)
申請区分 新医療機器(予定) 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 製販業許可 取得済み

上市予定

国内市場海外市場
薬事申請時期 2020年 未定
上市時期 2020年 未定

事業成果

平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 事業化製品
- - - 成果報告 成果報告 - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

29-003_consortium_1906.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関分担機関
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 イサナドットネット株式会社
慶應義塾大学病院