【管理番号30-023】生検組織多分割デバイスの開発・事業化

計画名

生検組織多分割デバイスの開発・事業化

申請区分: 国産医療機器市場拡大

事業概要

医療現場において、針生検で採取した細長い組織を、生のまま、ベッドサイドで長軸方向に平行に複数分割できるデバイスを開発・製品化する。本デバイスで分割後の組織は、それぞれ空間的対応があり、ほぼ同一の組織とみなすことができ、1回の針生検から、病理検査、DNA検査、RNA検査などが同時に解析可能となる点で、他に類がない。結果、病理学的にも遺伝子学的にも解析が可能になるので、より正確な病態の理解、precision medicine(患者の個人レベルで最適な治療方法を分析・選択すること)の実現に貢献できる。ベッドサイドで容易に使用できる安価なキットとして上市し、生検針と同様な世界展開を目指す。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

30-023_plan_1812.jpg

基本情報

製品名 生検組織多分割装置(予定) 一般的名称 単回使用ミクロトーム用刃(予定)
クラス分類 クラスⅠ 許認可区分 届出
申請区分 新医療機器(予定) 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 株式会社ウミヒラ 製販業許可 取得済み

上市予定

国内市場 海外市場
(具体的に:米国・EU・中国)
薬事申請時期 2019年 2022年
上市時期 2019年 2022年

事業成果

平成30年度 平成31年度 平成32年度 平成33年度 平成34年度 平成35年度 事業化製品
成果報告 - - - - - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

30-023_consortium_1812.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関 分担機関
株式会社ウミヒラ 京都府公立大学法人京都府立医科大学