医療機関の方へ

医療機器開発・事業化に関心のある医療従事者・医療機関への医工連携参画支援を行っています。

自分の医療機器アイデアを試したい

  • 医療機器アイデアボックス
    医療現場の課題解決に繋がる新たな医療機器の開発に向けて、日本医療研究開発機構は医療従事者の方が日頃感じている医療現場の課題・ニーズを、医療機器開発をしたいと考えている企業へ橋渡しする支援を行っています。医療従事者の⽴場で気付いた医療現場のニーズを「アイデアボックス」にお寄せください。

企業の製品アイデアを評価してみたい

  • 製品評価機関となるには
    日本医療研究開発機構では、医療従事者・医療機関の皆様と連携して、医療機器の開発を行っている企業等に対し、ユーザーの立場から製品の有効性や提供価値の妥当性、使い勝手(ユーザビリティ)、購入意思等の観点から意見をフィードバックする「製品評価サービス」を開始しています。製品評価サービスへの参加(協力)を検討・希望されたい医療機関の方はこちらからお問い合わせください。

医療機器開発に参加したい

  • AMED産学連携支援制度アラカルト(AMEDサイト)
    アカデミアや企業の方々に私達の支援制度をよりよく活用していただくためのコツを説明しています。
  • AMEDサクセス双六(AMEDサイト)
    実用化までの道のりを支援する各種の産学連携制度について、「サクセス双六」でご紹介します。
  • 開発・事業化事業の紹介
    医療現場のニーズに応える医療機器の開発・事業化を支援する制度です。