支援機関の方へ

医療機器開発・事業化の支援に取り組んでいる支援機関のネットワーク化を進めています。

医療機器開発支援ネットワークに参加したい

  • 支援機関となるには
    医療機器開発支援ネットワークは、事務局(AMED)及び事務局サポート機関に設置されたワンストップ窓口による調整のもと、事業者のホームドクター役となる各地の地域支援機関と専門支援機関の連携によって運営されています。医療機器開発支援ネットワークへの参加(登録)を希望する地域支援機関、専門支援機関の方はこちらからお問い合わせください。
  • 支援機関の紹介
    既に医療機器開発支援ネットワークに参加されている支援機関の一覧はこちらから御覧ください。

製品評価サービスを提供してみたい

  • 製品評価機関となるには
    製品評価サービスは、事務局(AMED)及び事務局サポート機関に設置されたワンストップ窓口による調整のもと、製品評価にご協力いただける「医療機関・医療従事者」と、企業に替わり医療機関・医療従事者と面談し評価結果をとりまとめる「サポート機関(地域支援機関)」の連携によって運営されています。製品評価サービスへの参加(協力)を希望する医療機関、地域支援機関の方はこちらからお問い合わせください。
  • アイデアボックス
    アイデアボックスでは、医療機器開発に関して医療関係者が日頃感じている課題やニーズについて、専門家による評価コメント等とともに公開しています。コーディネーターの方は、アイデアボックスで公開されているニーズを医療機器の開発にご関心のある企業に是非つなげてください。

コーディネーター・コンサルタントを育成したい

  • コーディネーター・コンサルタントの育成
    医療機器の開発・事業化においては、医工連携の当事者(プレイヤー)である民間企業、医療機関だけでなく、プレイヤーをつなぐコーディネーターや、事業化に向けた助言等を行うコンサルタントの役割が重要となります。日本医療研究開発機構では、コーディネーターやコンサルタント等、医療機器開発の事業化を促進する人材(事業化促進人材)を育成するプログラム開発およびその試行検証を目的とした研修・セミナーを開催しております。