研究開発人材|研究開発人材ボリュームは変化せず

医療機器産業の「研究開発人材(研究開発部門の従業者)」が全従業員に占める割合は約13%であり、平成20年から24年にかけて大きな変化は見られません。医薬品産業と比較すると、研究開発人材の割合は少ない一方、製造人材の割合が高いことがわかります。