【管理番号29-017】老眼の悩みを解決した世界初ピンホールコンタクトレンズの事業化・海外展開

計画名

老眼の悩みを解決した世界初ピンホールコンタクトレンズの事業化・海外展開

申請区分: 海外市場獲得

事業概要

ピンホールコンタクトレンズは、従来の屈折度数を用いる眼鏡やコンタクトレンズでは矯正が困難であった、老眼や複数組み合わさった屈折異常に対する解決策を幅広く安価に提供することを企図したものであり、ピンホールの原理を用いた世界初のコンタクトレンズである。
3種類の度数から選択すれば良いため、医療機関での煩雑な検査は不要かつ処方が容易となり、より多くの人への提供が可能となる。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

29-017_plan_1806v3.jpg

基本情報

製品名未定一般的名称単回使用視力補正用色付コンタクトレンズ
クラス分類クラスⅢ許認可区分承認
申請区分新医療機器承認・認証番号等-
薬事申請予定者株式会社ユニバーサルビュー製販業許可取得済み

上市予定

国内市場海外市場(具体的に:欧州)
薬事申請時期非公開非公開
上市時期非公開非公開

事業成果

平成26年度平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度事業化製品
---成果報告成果報告target="_blank">成果報告-

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

29-017_consortium_1806v2.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関分担機関
株式会社ユニバーサルビュー学校法人慶應義塾