【管理番号02-101】優れた防汚・防曇性能を有する内視鏡フードに関する研究開発

計画名

優れた防汚・防曇性能を有する内視鏡フードに関する研究開発

申請区分: C:クラスⅠ・Ⅱ

事業概要

内視鏡診断や治療には内視鏡先端にフードを装着し、曇りのない明瞭な術野で施行するが、粘液や血液、脂肪などと接触する機会が多い。また、現在の内視鏡のレンズやフードでは、付着した体液などによる曇りを除去できず、一旦検査や治療を中断し、内視鏡を抜去し汚染を除去した後、再挿入しなければならず、検査や治療時間の長時間化や患者の負担が問題となっている。そこで本事業では、防汚・防曇性能が向上したハイドロゲル製フードを開発する。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

02-101_PR_202107.jpg

基本情報

製品名ハイドロゲル製内視鏡用フード(未定)一般的名称自然開口向け単回使用内視鏡用非能処置具
クラス分類クラスⅠ許認可区分届出
申請区分後発医療機器承認・認証番号等-
薬事申請予定者株式会社シード製販業許可取得済み

上市予定

製品1:TypeA

 

国内市場海外市場(欧州、中南米)
薬事申請時期2022年2023年
上市時期2023年2023年
製品2:TypeB

 

国内市場海外市場(欧州、中南米)
薬事申請時期2022年2023年
上市時期2023年2023年

事業成果

令和2年度令和3年度令和4年度令和5年度令和6年度令和7年度事業化製品
成果報告------

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

02-101_consortium_202107.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関分担機関
株式会社シード国立大学法人神戸大学

親和工業株式会社