【管理番号02-117】術中計測デバイスとデータベースから成る鼓室形成術支援システムの開発

計画名

術中計測デバイスとデータベースから成る鼓室形成術支援システムの開発

申請区分: A:クラスⅢ・Ⅳ/新・改良

事業概要

中耳疾患治療手術における現在の課題は、手術前に耳小骨に関わる病態を予測できる検査が少なく、定量的な基準に基づく術中診断が行えないことが挙げられる。そこで、術中使用可能な計測デバイス群を実用化し、定量評価が可能な手術環境を構築すると共に、計測結果をオンラインで蓄積、データベース化する。これにより、最適な術式の提示や治療効果の術中評価を可能とする、診断・治療支援システムを構築する。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

02-117_PR.jpg

基本情報

製品名耳小骨可動性計測装置(予定)一般的名称該当名称なし
クラス分類クラスⅢ(予定)許認可区分承認
申請区分新医療機器承認・認証番号等-
薬事申請予定者第一医科株式会社製販業許可取得済み

上市予定

国内市場海外市場(欧州)
薬事申請時期2023年2024年
上市時期2023年2024年

事業成果

令和2年度令和3年度令和4年度令和5年度令和6年度令和7年度事業化製品
成果報告------

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

02-117_consortium.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関分担機関
第一医科株式会社学校法人慶應義塾

国立大学法人電気通信大学

株式会社リーデンス

有限会社メカノトランスフォーマ