【管理番号30-029】非侵襲的頭蓋内圧測定モニタの開発・事業化

計画名

非侵襲的頭蓋内圧測定モニタの開発・事業化

申請区分: 国産医療機器市場拡大

事業概要

現在の頭蓋内圧計測装置は、脳室ドレナージや頭蓋内圧(ICP)センサの設置など侵襲的な方法となる。この侵襲的な測定方法は、患者の身体的な負担や感染リスクが大きく適用が限定されるため、医療現場では非侵襲型装置が待望されている。身体をまったく傷つけることがなく、シンプルな耳栓型圧力センサにより、耳外道圧の信号から頭蓋内圧の変動量を知ることが出来る非侵襲的頭蓋内圧モニタの実用化をする。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

30-029_plan_1906.jpg

基本情報

製品名未定一般的名称頭蓋内圧力計
クラス分類クラスⅢ許認可区分承認
申請区分改良医療機器承認・認証番号等-
薬事申請予定者株式会社フジタ医科器械製販業許可取得済み

上市予定

国内市場海外市場(具体的に:米国・欧州)
薬事申請時期2021年2022年
上市時期2021年2022年

事業成果

平成30年度令和元年度令和2年度令和3年度令和4年度令和5年度事業化製品
成果報告target="_blank">成果報告-----

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

30-029_consortium_1906.jpg
代表機関分担機関
株式会社フジタ医科器械国立大学法人信州大学医学部附属病院

株式会社イチカワ

ドリームメディカルパートナーズ株式会社