【管理番号30-205】乳腺非触知病変摘出のための磁性を用いたピンポイント検出システムの開発・海外展開

計画名

乳腺非触知病変摘出のための磁性を用いたピンポイント検出システムの開発・海外展開

申請区分: 海外市場獲得

事業概要

従来法では、乳腺非触知病変の切除において手術前にフックワイヤーを標的病変の中心に挿入しこれを頼りに視認で切除するが、先端部位置特定は不確実であった。本事業では、新規開発する磁性マーカーを標的病変中心へと挿入し、その位置を磁気プローブで特定することで、磁性マーカー(非触知病変)位置をピンポイントに検出し、再手術の発生率を下げることで治療の低侵襲化・患者のQOL の向上を目指し、海外市場を獲得する。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

30-205_plan_1906.jpg

製品1

基本情報
製品名磁性マーカー一般的名称マーカ挿入用セット※未確認
クラス分類クラスⅡ※未確認許認可区分認証※未確認
申請区分後発医療機器※未確認承認・認証番号等-
薬事申請予定者株式会社マトリックス細胞研究所製販業許可取得予定

製品2

基本情報
製品名磁気プローブ※未確認一般的名称磁性体検知器※未確認
クラス分類クラスⅡ※未確認許認可区分承認※未確認
申請区分改良医療機器※未確認承認・認証番号等-
薬事申請予定者株式会社マトリックス細胞研究所製販業許可取得予定
上市予定
国内市場海外市場(具体的に:欧州, 米国)
薬事申請時期2021年2022年
上市時期2021年2022年

事業成果

平成30年度令和元年度令和2年度令和3年度令和4年度令和5年度事業化製品
成果報告>成果報告-----

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

30-205_consortium_1906.jpg

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関分担機関
株式会社マトリックス細胞研究所学校法人日本医科大学

学校法人昭和大学

iMed Japan株式会社

株式会社共伸

国立大学法人東京大学